集中力がない。大人の発達障害の特徴

   

大人の発達障害の特徴、具体例

集中力がない。

集中力が続かず何でも中途半端になってしまう。集中できず飽きっぽい。大人の発達障害の特徴です。

読書、勉強、仕事、家事、なんでも途中で集中力がなくなって、意識が別のことにいってしまう。ぼーっとしていて、ハッと意識が戻る。集中しようと思っても、気が付いたらぼーっとしている。
すぐに飽きてしまって、一つのことを続けられない。勉強の時に遊びのことを考える。遊びの時には勉強のことを考えてしまう。何かをやる時に、ついつい別の違うことを考えてしまう。
周りの雑音が気になってしまい、勉強や仕事に集中できない。誰かと話している時に、話し相手以外の周囲の雑音が気になり、会話に集中できない。自転車に乗ってよくぶつかる。自動車の運転で事故を起こす。集中力がない特徴は、場合によっては非常に危険です。

何に対しても気が散りやすく、注意力が散漫になる。集中力が続かない。そのため勉強や仕事の成果が低くなってしまう。大人の発達障害の特徴です。

大人の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 大人の発達障害の特徴