思ったことを何でも言う。大人の発達障害の特徴

   

大人の発達障害の特徴、具体例

思ったことを何でも言う。

相手の気持ちを考えずに、素直に思ったことを何でも言ってしまう。思いつきで、なんでも言ってしまう。大人の発達障害の特徴です。

思ったことを何でも言って、相手を傷つけてしまう。人の嫌がることを言って、ひんしゅくを買ってしまう。時と場合をわきまえて、話すことができない。なんでも衝動的に言ってしまうのは、大人の発達障害の特徴です。

この困った特徴は、よく言えば素直で嘘がつけないってことになります。素直に本当のことを言っているだけなのです。本人に悪気はなく自覚はないのに、会話で人を傷つけてしまって、対人関係が上手くいかない。大人の発達障害の大きな特徴です。

大人の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 大人の発達障害の特徴