集団行動ができない。大人の発達障害の特徴

   

大人の発達障害の特徴、具体例

集団行動ができない。

協調性がなく、集団行動ができない。グループ、班、チームで行動できない。大人の発達障害の特徴です。

スポーツで仲間と協力してプレーすることができずに、自分だけ活躍することを考えてしまう。一番になることや、勝つことだけにこだわり、全く協調性がない。人と違ったことをして、マナーが悪い。規則を守ることだけ考えて、相手の気持ちを考えられない。完全主義者で他人のことを攻撃的に指摘する。頑固で正義感が強く、臨機応変なことができない。集団の中でちょっと浮いてしまうキャラ。ちょっと困ったキャラ。他人を寄せ付けないようなキャラ。なんか嫌なヤツと周囲の人から思われてしまうのが、大人の発達障害の特徴です。

この特徴がある大人の発達障害の中には、集団行動をしたくでもできないタイプと、そもそも集団行動をしたくないと思っているタイプ、2つのタイプがいます。

大人の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 大人の発達障害の特徴