計画性がない。大人の発達障害の特徴

   

大人の発達障害の特徴、具体例

計画性がない。

計画性がなくて、思いつきで行動してしまう。目標に向かって努力できないタイプ。金銭や時間の管理ができない。大人の発達障害の特徴です。

なんでも先のことを考えずに計画性が全然ない。行き当たりばったり。衝動的に思いつきで行動してしまう。約束を守らずに、すっぽかす。やるべきことの期限を先延ばしにする。何が重要かを判断できなくて、物事の優先順位がつけらない。見通しが甘く、できもしない複数のことを同時進行するので、全然終わらない。一つのことを完璧にやろうとし過ぎて、他のことが終わらない。やるべきことをやらない。締め切り期限を守れない。とにかく計画性がなく、そのため人から全く信頼されない。

人が良く、すぐにだまされる。八方美人で何でも安請け合いで約束するが、結局どの約束も守れない。勢いで異性と交際する。悪い人間ではないのに、計画性がないことが対人関係にも悪い影響がでている。お金の管理がずさんで、貯金が全くできない。お金を計画的に使うことができない。待ち合わせに遅れる。遅刻が多い。計画的な時間配分ができない。

このように約束、お金、時間など、日常生活全般に計画性がないのが、大人の発達障害の特徴です。計画性がないのは、人から信用されず、ライフスタイル全部に問題がある困った特徴です。

大人の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 大人の発達障害の特徴