人との会話が苦手。大人の発達障害の特徴

   

大人の発達障害の特徴、具体例

人との会話が苦手。

人と会話するのが不得意。自分の気持ちを伝えられない。相手と会話で意思疎通ができない。大人の発達障害の特徴です。

人と喋る時に、視線をあわせられない。会話の時に表情を変えて表現ができない。話す時に身振り手振りの表現ができない。会話のキャッチボールができない。早口で喋るので相手が聞き取れない。相手に気持ちを伝えることが不得意な特徴があります。

本人の自覚はないのに、会話が上手くいかない場合もあります。自分の言いたいことを一方的に話すだけで、相手の話を全く聞いていない。自分の興味があることだけ一方的に話す。ひとりでずっと早口で絶え間なく喋り続ける。同じ言葉をくどくど繰り返し言ったり、変な敬語を使ったりしている。細かいことにこだわって話してしまう。会話があちこち飛んで、話が繋がっていない。本人の自覚がないため、自分自身の喋り方が悪いと感じていません。

「あれ」「それ」「たぶん」「いつか」「なるべく」といった、あいまいな表現が理解できない。また、例え話を本気で受け取るという特徴もあります。全く冗談が通じない。ユーモアを理解できない。皮肉が理解できない。例えや比喩の言葉の意味を文字通りにとらえてしまいます。

このように会話が苦手でコミュニケーション能力が弱いのは、大人の発達障害の特徴になります。

大人の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 大人の発達障害の特徴