忘れ物が多く、物を失くす。大人の発達障害の特徴

   

大人の発達障害の特徴、具体例

忘れ物が多く、物を失くす。

忘れ物が多い。すぐに物を失くしてしまう。注意力が弱い。大人の発達障害の特徴です。

いつでも何でも忘れ物が多い。忘れ物をしないようにメモをしても、忘れ物をしてしまう。気を付けているつもりでも、何でもすぐに物を失くしてしまう。絶対に失くしちゃいけない大切な物でも、すぐに失くしてしまう。かばん、携帯電話、鍵、指輪、コートやジャンパー、帽子、ノート。いろんな物を、忘れて来ちゃう。失くしちゃう。一回忘れ物をしても、また次の日に同じ物を忘れてしまう。一回失くして買い直した物を、また失くしてしまう。何度も何度も忘れる、失くしちゃう。

注意力が弱く、何でも失敗が多い。小さい頃からずっと忘れ物、失くし物で困ってきた。大人の発達障害の特徴です。

大人の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 大人の発達障害の特徴