空気が読めない。大人の発達障害の特徴

   

大人の発達障害の特徴、具体例

空気が読めない。

空気が読めない。場の雰囲気が読めない。人の顔色が読めない。大人の発達障害の特徴です。

周囲の人の気持ちを読めず、場面や状況に応じた対応ができません。いわゆるKYです。誰かと話をする時は、相手の話の内容だけを聞いているわけではありません。話している相手の顔の表情や仕草、喋る口調、声のトーンや大きさ、喋る早さや間の取り方、過去の経験、その時の状況など、いろんなことから相手の気持ちを考えています。大人の発達障害の人には、そういったことができない特徴があります。

この空気が読めない大人の発達障害の特徴は、社会性が未熟でコミュニケーション能力が弱いのが原因です。

大人の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 大人の発達障害の特徴