眠らない。乳児の発達障害の特徴

   

乳児の発達障害の特徴、具体例

眠らない。

眠らない、夜中に寝ないでずっと起きている、夜泣きが激しい、これも発達障害児の特徴の一つです。

抱っこしていて眠ったとき、布団に寝かせようとすると、気がついて目が覚めて泣き出す。夜中真っ暗の中、ずっと目を開けて起きている。ベビーカーに乗っている時だけ眠るけど、ベビーカーから降ろすと起きる。自動車に乗っている時だけ眠るけど、車から降ろすと起きる。

乳児期の赤ちゃんの夜泣きは、どんな子でもしょうがないのですが、発達障害の赤ちゃんは、とにかく眠らない。赤ちゃんが病気で泣いてなければ、夜泣きしてても母親は気にせず眠ってしまうくらいの、割り切りが大切です。年齢とともに、いつかはちゃんと寝れるようになります。

うちの子の場合は。
(広汎性発達障害、軽度知的障害児)

うちの子の場合は、眠らない特徴はなく、乳児期の夜泣きもありませんでした。いつもぐっすり眠ってくれて、育てるのが楽でした。

乳児の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 乳児の発達障害の特徴