触れる感覚が過敏。幼児の発達障害の特徴

      2016/09/19

幼児の発達障害の特徴、具体例

触れる感覚が過敏。

触れる感覚が過敏で、身につけること、触れられること、いろんなことを嫌がる。発達障害児の特徴の一つです。

歯ブラシで歯を磨くこと。こんな日常のことが、感覚過敏でできない子がいます。歯ブラシで歯を磨くだけで、本人にとっては強い刺激、強い痛みを感じていることもあります。他の人にとったら何でもないことなので、本人にしか痛みや刺激がわからず、周囲の人には理解してもらえません。触れる感覚が過敏だと、歯磨きの他にも、日常のことをいろいろ嫌がります。爪切りが苦手、耳かきが苦手、お風呂で身体をこするのが苦手。ティッシュで鼻をかむのが苦手。感覚過敏の発達障害児にとっては、強い刺激に感じるようです。

帽子をかぶらない。靴下を履かない。腕まくりが嫌い。首に巻くマフラーが嫌い。こんな服装の感覚が過敏な場合もあります。幼稚園や保育園で、みんなが被っている帽子を一人だけ被らない。一人だけ靴下を脱いでしまう。幼稚園や保育園の集団生活では、みんなと違う行動をするため困ってしまいます。

うちの子の場合は。
(広汎性発達障害、軽度知的障害児)

うちの子の場合は、触れる感覚の過敏さがあります。お風呂で身体を擦るのは苦手。耳かきも大嫌いで暴れしてました。


幼児の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 幼児の発達障害の特徴