パニックになる。幼児の発達障害の特徴

      2016/09/19

幼児の発達障害の特徴、具体例

パニックになる。

突然暴れて、パニックになる。家や幼稚園どこでも急に泣き出してパニックになる。これも発達障害児の特徴の一つです。

幼児期の子供は、どんな子でも多少は急に泣いたり、暴れたりすることがあります。しばらく放っておくと、自然と安定してパニックは収まります。発達障害の子は、頻繁にパニックになってしまいます。一旦パニックになって暴れ出したり、泣き出したりすると、どうやってもパニックが収まりません。最後はは力尽きて眠ってしまうまで、ずっと暴れて泣いています。

子供がパニックになる時は、何か欲しいものがあったり、お腹がすいていたりします。発達障害の子がパニックになるのは、原因が周囲の人には分かりません。ちょっとしたことで不安を感じて、激しく気持ちが反応してパニックになってしまいます。

発達障害児本人は何かを必死に訴えようとしてしていますが、お友達や幼稚園の先生などの周囲の人にとっては、原因がわからずパニックになるので困ってしまいます。

うちの子の場合は。
(広汎性発達障害、軽度知的障害児)

うちの子の場合も、幼稚園の頃は、急に怖がって泣いてパニックになることがありました。幼稚園になりたての頃は、会話ができなかったので、怖がる原因が全くわかりませんでした。パニックになった時は、何か子供本人にしか、わからないことがあるんだなって、考えるようにしました。幼稚園の先生には、だいぶ迷惑をおかけしたと思います。


幼児の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 幼児の発達障害の特徴