眠らない。幼児の発達障害の特徴

      2017/07/14

幼児の発達障害の特徴、具体例

眠らない。

眠らない、寝つきが悪い、眠ってもすぐに目が覚める。これも発達障害児の特徴の一つです。

発達障害の子は幼稚園になっても、なかなか寝てくれない。こんな特徴があります。乳児の頃は、夜泣きをしたり、深夜まで眠らず起きていたり、どんな子でもこのような経験があると思います。子供って乳児の時は、みんなこんなものです。

疲れていると思うのに全然眠らない。夜中に子供を見ると、目を開けて起きている。夜泣きが続く。朝早く目が覚める。睡眠のリズムが安定しない。寝かせようとすると怒る。この眠らない特徴があると、母親は疲れ果ててしまします。あまり神経質にならず割り切って、お母さんは気にせず睡眠をとるようにしましょう。子育ては体力勝負です。

うちの子の場合は。
(広汎性発達障害、軽度知的障害児)

うちの子の場合は、いつもぐっすり眠ったくれました。この特徴はなかったです。わたしが添い寝しなくても、一人で勝手に眠ってくれました。母親がいなくても気にしないタイプでした。


幼児の発達障害の特徴
幼児の発達障害の特徴


もうすぐ1年生、入学準備の勉強を始めよう!

年代別に障害の特徴、改善例をチェック

大人の発達障害の特徴 小学生の発達障害の特徴 幼児の発達障害の特徴 乳児の発達障害の特徴

障害の種類で特徴、改善例をチェック

自閉症の特徴 アスペルガー症候群の特徴 注意欠如多動性障害ADHDの特徴 学習障害LDの特徴

 - 幼児の発達障害の特徴