いつまでもやめない。幼児の発達障害の特徴

      2016/09/19

幼児の発達障害の特徴、具体例

いつまでもやめない。

自分がやっていることを、いつまでもやめない。これも発達障害児の特徴の一つです。

おもちゃで遊んでたり、絵を描いていたり、本を読んでいたりしている時に、食事なので中断するように言っても、途中でやめない。途中でやめずに、ずっと絵を描いたり本を読んだり続けてしまう。母親や幼稚園の先生、周囲の人が言っても聞こえていないように、ずっと同じことを続けてしまう。始めたこと、今やっていることを、途中でやめることができない。無理やりやめさせると、イライラしたり泣き出したりします。一度自分が始めたこと決めたことを、変更することが嫌いという発達障害の特徴です。気持ちをうまく切り替えられないのが、この特徴の原因です。

集中力があるように見えますので、いいことのように感じられますが、度を超えた行動は発達障害の特徴といえます。

うちの子の場合は。
(広汎性発達障害、軽度知的障害児)

うちの子の場合も、わたしの言うことが聞こえていないのかな?って感じることが多くありました。大きな声で叱るとビクっとして、言うことを聞くのですが、反応が鈍いように感じます。やってることを、いつまでもやめないのは困った特徴です。


幼児の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 幼児の発達障害の特徴