お友達となじめない。幼児の発達障害の特徴

      2016/09/19

幼児の発達障害の特徴、具体例

お友達となじめない。

お友達と遊んでも、うまく馴染めない、発達障害児の特徴の一つです。
本を読んでいるお友達をお絵描きに誘ったり、相手のお友達が嫌がっても自分の好きな行動をしてしまう特徴があります。

相手のことを考えずに、お友達の一緒に遊ぼうとするので、自分の遊びたいことだけを押し付けることになり、相手のお友達から嫌がられてしまいます。
お友達に興味が全くなく、遊ぼうとしない特徴の子もいます。

幼稚園などの集団生活で、自分勝手にやりたいことをやっては、お友達と仲良くできません。お互いに我慢したり、譲り合うことが必要になります。子供のペースにあわせてくれる母親とは仲良く遊べるのに、お友達には馴染めない。コミュニケーション能力が弱いため、相手の嫌がることが理解できないのが原因です。

うちの子の場合は。
(広汎性発達障害、軽度知的障害児)

わたしの子供は、幼稚園では他のお友達に興味がなくて、いつも一人ぼっちでした。お友達に喋りかけることが、ほとんどありませんでした。たまにお友達に喋りかけても、お友達の輪の中に入ることができませんでした。


幼児の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 幼児の発達障害の特徴