お友達と遊ばない。幼児の発達障害の特徴

      2016/09/19

幼児の発達障害の特徴、具体例

お友達と遊ばない。

ひとりぼっちで、お友達と遊ばない、発達障害児の特徴の一つです。

公園や幼稚園などで、まわりで同年齢のお友達たちが遊んでいても、全然興味を示さず、ひとりぼっちで遊んでいます。この特徴の子は、ひとりぼっちが気にならないタイプ、お友達に興味がないタイプ、遊びないけど仲間に入れないタイプ、いろんなタイプがあります。母親や、幼稚園の先生などの、大人とは一緒に遊べることが多いです。大人は子供にあわせて遊んであげるからです。

お友達と遊ばずに、いつも一人だなって感じたら、発達障害のサインです。子供の様子をよく見ましょう。

うちの子の場合は。
(広汎性発達障害、軽度知的障害児)

わたしの子供も、幼稚園の頃はずっと一人で遊んでいました。先生やお友達から声ををかけられると、しぶしぶ一緒に行動するといった様子でした。お友達や周囲の人に興味がない特徴がありました。


幼児の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 幼児の発達障害の特徴