いつも同じことをする。小学生の発達障害の特徴

      2017/07/14

小学生の発達障害の特徴、具体例

いつも同じことをする。

いつも同じことを、ずっと続けてする。これも発達障害児の特徴の一つです。

手をたたく。何かをたたく。手を揺らす。身体を揺らす。手をひらひらさせる。同じ引き出しをずっと開け閉め。電気のスイッチをずっとオンオフ。このように何か特別な意味があるわけでもない行動を、ずっとずっと続けて繰り返すことが、発達障害児の特徴です。

これは常同行動という発達障害児の特徴で、発達障害の子は同じ行動を繰り返すことで、気持ちが落ち着いています。無理にその常同行動を止められると、強い不安を感じてしまします。

うちの子の場合は。
(広汎性発達障害、軽度知的障害児)

うちの子も発達障害の特徴の常同行動があり、手遊びをずっとやっています。授業中も、鉛筆をクルクルずっと回しています。筆箱も開けたり閉めたりしています。なんとかやめさせたいのですが、なかなかやめてくれません。


小学生の発達障害の特徴
小学生の発達障害の特徴、改善例、6歳〜12歳


年代別に障害の特徴、改善例をチェック

大人の発達障害の特徴 小学生の発達障害の特徴 幼児の発達障害の特徴 乳児の発達障害の特徴

障害の種類で特徴、改善例をチェック

自閉症の特徴 アスペルガー症候群の特徴 注意欠如多動性障害ADHDの特徴 学習障害LDの特徴

 - 小学生の発達障害の特徴