改善例:聞かれたことに答えられない。小学生の発達障害

      2016/09/19

聞かれたことに答えられない。改善方法の具体例、小学生の発達障害

人から聞かれたことに、上手く答えられない。授業中に先生から指名されて、質問されても上手く答えられない。発達障害、知的障害を持つ子には、聞かれた質問に上手く答えられない子がいます。
言葉で説明することが苦手な子は、聞かれたことと答える内容は理解できているのに、なぜか上手く説明できない。勉強の内容自体はある程度理解できているのに、質問されたことに上手く答えることができない。話そうとしても、話す内容をまとめることができないのです。

人の話をよく聞いていない子もいます。話を聞いていても内容が理解できない子もいます。質問が長くなると、最初に相手が言ったことを忘れる子もいます。恥ずかしがったり、緊張して、人前で上手く話せない子もいます。吃音で話すのが苦手な子もいます。
このように人から聞かれたことに答えられない原因は様々です。発達障害、知的障害を持つ子が上手く質問に受け答えができるような改善方法の具体例を紹介します。

家庭でやること、発達障害児に改善効果あり。

家庭の日常会話で質問を練習する。

家庭での普段の日常会話の中で、子供に質問をして、聞かれたことに答える練習をしましょう。一緒にテレビを見ながら、テレビ番組の内容について質問する。学校のことについて質問する。明日の予定について質問する。発達障害、知的障害を持つ子が、簡単に答えられる範囲で質問をして、聞かれたことに答える受け答えを繰り返し練習しましょう。

発表の練習をする。

学校では"今日の楽しかったこと”などの発表をすることがあります。家庭でも学校での出来事を発表させて、学校での発表に備えた練習をしましょう。家庭で発表する時も、きちんと立たせて気を付けをさせ、学校での発表の雰囲気を再現すると効果的です。いつもと違った雰囲気で子供に緊張感を与え、人前で話すことを慣れさせましょう。

聞けないのか?話せないのか?

聞かれたことに上手く答えられない原因を、正しく確認しましょう。聞けないのか?話せないのか?それとも聞く話すの両方できないのか?聞く気がないのか?話す気がないのか? 発達障害、知的障害を持つ子が聞かれたことに上手く答えられない原因は何かを、正しく確認して、その原因にあった訓練をしていきましょう。

学校に期待すること、発達障害児への配慮

学校の授業で発表することは、聞かれたことに上手く受け答えできない障害児にとって辛いことです。質問に答えられず黙ってしまい授業が中断してしまうと、クラスのお友達の迷惑にもなります。先生から授業中に手助けしてもらえるように、先生とよく相談しましょう。

答えを誘導してもらう。

授業中に上手く答えなれなかった時は、先生に答えを誘導してもらいましょう。発達障害、知的障害で上手く受け答えができない子は、時間をかけても答えがでてきません。答えられないと感じたら、すぐにヒントをだしたりして、答えを誘導してもらいましょう。

質問は短く。

長い質問は理解できません。質問は短く端的に、答えやすい質問をしてもらいましょう。

“はい””いいえ”、選択形式で聞く。

「はい」か「いいえ」で答えられる質問や、選択肢の中から選ばせる質問は、障害児にとっても比較的答えやすくなります。「答えは何?」と聞くのではなく、「答えは次の3つの中のどれ?」と聞いて選択肢から選ばせるようにしましょう。

隣の席同士で相談させる。

授業中に指名した子が答えられなかった場合に、隣の席のお友達と相談させて答えさせてみましょう。障害を持つ子だけでなく、それ以外の子でも、わからない時は、隣の子に聞いて答えていいことにして、クラス全体で協力しながら授業を進めていく雰囲気にしてもらいましょう。

ダメな例、発達障害児には効果なし。

“早く!"と答えを急かす。

家庭でも学校の授業でも、「早く答えて!」と答えを急かすのはやめましょう。発達障害、知的障害を持つ子は、障害のため上手く答えられないのです。急かしても、答えられるようにはなりません。急かすのではなく、答えられるように上手く誘導してあげましょう。時間が限られた学校の授業では、時間をかけるとクラスの授業の進行が遅れて迷惑になります。答えを急かさず、すぐにヒントをだしたり、隣の子と相談させて、答えを誘導してあげましょう。

答えられないことを叱る。

答えられないことを叱る、答えられないと罰を与える、これはやめましょう。発達障害、知的障害の子は、わざと答えないわけではありません。頑張っても答えられず、障害児本人が一番苦しんでいるのです。叱ったり罰を与えるのではなく、障害児が持つ悩みを理解してあげて、答えられるような改善策を試しましょう。


小学生の発達障害、改善方法の具体例へのリンク

発達障害・知的障害の特徴

 - 改善方法の具体例、小学生の発達障害