お友達と遊ばない。小学生の発達障害の特徴

      2017/07/14

小学生の発達障害の特徴、具体例

お友達と遊ばない。

お友達と遊ばないで、いつも一人だけで遊んでいる、発達障害児の特徴の一つです。

同じ年齢くらいのお友達がいても、全然興味を示さず、一緒に遊ぼうとしません。学校で同じクラスのお友達たちが遊んでいても、のんびり一人で遊んでいます。原因は、友達と一緒に遊びたいけど遊べなない、友達に全く関心がない、一人で遊ぶのが好きといったことです。お友達が一緒に遊んでくれても、喋る能力、運動の能力が足りないので、本人もお友達も楽しめないって問題もあります。

本人は、一人でいると安心して落ち着いて疲れないので機嫌が良く、周囲からはマイペースだと思われる場合が多いです。のんびり屋さんでマイペースでも、いつも一人で遊んでいる場合は、発達障害の特徴かもしれません。

うちの子の場合は。
(広汎性発達障害、軽度知的障害児)

わたしの子供も、お友達と遊ばない特徴があります。小学校でもクラスのお友達と遊ばずに、一人でじっとしてたり、図書室に行ったりしています。お友達から声をかけられると、一緒に遊んでいるようです。うちの子は、お友達に興味は持っているのですが、どうやってお友達の輪の中に入るのかが、わからないようです。やっぱりお友達と遊ぶための、コミュニケーション能力が足りないんだと思います。


小学生の発達障害の特徴
小学生の発達障害の特徴、改善例、6歳〜12歳


年代別に障害の特徴、改善例をチェック

大人の発達障害の特徴 小学生の発達障害の特徴 幼児の発達障害の特徴 乳児の発達障害の特徴

障害の種類で特徴、改善例をチェック

自閉症の特徴 アスペルガー症候群の特徴 注意欠如多動性障害ADHDの特徴 学習障害LDの特徴

 - 小学生の発達障害の特徴