「 ADHD注意欠如多動性障害の特徴 」 一覧

注意欠如多動性障害(ADHD)とは?

AD/HD:Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder
注意欠如多動性障害(ADHD)とは、年齢に相応しい落ち着きや注意力が欠けている症状が見られる障害です。多くの場合、障害の症状が小学校低学年くらいまで現れるのが特徴です。
主な症状は、多動性、不注意、衝動性の3つです。脳に情報を一時的に保つ作業記憶(ワーキングメモリ)が弱いため、注意力が弱く、場違いな行動をしてしまいます。
ADHDには長所もたくさんあります。新しいことにチャレンジ。トレンドに敏感。いろんなことに興味を持つ。しっかり障害の特徴を把握して、いい面を伸ばしていきましょう。




ADHDの特徴の具体例

大人のADHDの特徴の具体例

注意欠如多動性障害(ADHD)と学校生活

注意欠如多動性障害(ADHD)の子供は、学校生活で問題となることが多くあります。授業中に私語をする。授業中に立ち歩く。忘れ物をする。宿題を忘れる。学校生活で、周囲に迷惑をかけることが多く、仲間はずれ、いじめ、不登校やひきこもりの原因となります。




女の子とADHD、女性は大人の発達障害になりやすい。

女の子は内気で恥ずかしがりやの場合が多く、学校生活で迷惑をかけないのでADHDの特徴が目立ちません。そのためADHDの女の子は、発達障害に気づきにくくなります。男性と比較して女性には、大人になってADHDの発達障害に気がつく、大人の発達障害が多くいます。

注意欠如多動性障害の例

kou03
 大事な仕事の予定を忘れたり、大切な書類を置き忘れたりすることがよくあります。周りの人にはあきれられ、「何回言っても忘れてしまう人」と言われてしまいます。でも、気配り名人で、困っている人がいれば誰よりも早く気づいて手助けすることができます。




注意欠如多動性障害ADHDの特徴

ad03-001

明るく元気、落ち着きがない。ADHD注意欠如多動性障害の特徴

ADHDの特徴は、明るく元気よく活発なところです。ハイテンション、何にでも好奇心旺盛で積極的。子供らしい子供。この特徴は、とってもいいことです。発達障害でも、いいところを伸ばしていきましょう。

ad02-001

なんでも忘れる。注意力が弱い。ADHD注意欠如多動性障害の特徴

ADHDの特徴は、忘れ物が多くて、すぐに物をなくしてしまうことです。注意力が弱く、失敗が多い。何度言われても、同じことを失敗してしまうのが、注意欠如多動性障害の特徴です。

ad01-001

極端にせっかち、感情が抑えられない。ADHD注意欠如多動性障害の特徴

列に並ばずに、順番抜かしをする。横から割り込む。順番を守らず、自分のしたいことをやってしまう。ADHDの特徴は、とにかく極端にせっかち。そして、感情の起伏が激しい、喜怒哀楽が激しいことです。

16090901-002

大人の注意欠如多動性障害ADHDの特徴の具体例

うっかりミスが多い。片付け整理整頓ができない。大人の発達障害の中では、注意欠如多動性障害ADHDは非常に多い障害です。注意欠如多動性障害ADHDの主な特徴は、不注意、多動性、衝動性です。それと人間関係の問題があります。

16090902-002

注意欠如多動性障害ADHDとアスペルガー症候群の違い

違いはこれ。「注意欠如多動性障害ADHD」と「アスペルガー症候群」の違いを一覧表で紹介。共通点は、人付き合いが不得意。