感覚が偏っている。アスペルガー症候群の特徴

      2016/09/19

アスペルガー症候群の特徴

偏食、好き嫌いが激しい。

アスペルガー症候群の特徴は、偏食で、食べ物の好き嫌いが激しいことです。肉が食べられない。魚が食べられない。野菜が食べられない。特定のものだけしか食べない。味覚が過敏で食べ物の好き嫌いが激しい。好き嫌いが激しく偏食、これがアスペルガー症候群の特徴です。

触覚、聴覚、視覚、嗅覚、平衡感覚。いろんな感覚が偏っている。

アスペルガー症候群の特徴は、いろんな感覚が偏っていることです。触覚が敏感で触れる物を嫌がる。帽子を嫌がる。あごひもを嫌がる。服の素材が違うと嫌がる。ちょっとした明かりを眩しく感じる視覚敏感。白いものを眩しく感じる。周囲はなんともない明かりを眩しく感じる。
音を嫌がる聴覚敏感。大きな音でパニックになる。周囲の雑音が気になり集中できない。ちょっとした臭いを嫌がる嗅覚過敏。血がでても痛みを感じない。自分の体を傷つける自傷行為がある。平衡感覚が偏っていて姿勢が悪い、クルクル体を回しても全然目が回らない。いろんな感覚が偏っているのがアスペルガー症候群の特徴です。

アスペルガー症候群の特徴の具体例

発達障害・知的障害の特徴

 - アスペルガー症候群の特徴