抱きしめると嫌がる。乳児の発達障害の特徴

   

乳児の発達障害の特徴、具体例

抱きしめると嫌がる。

赤ちゃんを抱きしめると嫌がる、触れると嫌がる、発達障害児の特徴の一つです。

ぎゅっと抱きしめることは親子の愛情表現なのですが、神経が過敏な特徴の赤ちゃんは、すごい圧迫感を感じてしまいます。その時の体調や気分によって、感覚の過敏さは変化する場合があります。赤ちゃんを触ってみて嫌がる時は抱きしめるのを控えて、大丈夫な時はいつもの分まで抱きしめてあげましょう。

子供の様子を見ながら、発達障害を持つ子が苦しみを感じないように、愛情を持って子供と接しましょう。

うちの子の場合は。
(広汎性発達障害、軽度知的障害児)

わたしの子供は、抱きしめることは嫌がりませんでした。神経の過敏さの特徴は少ないほうでした。それでも、服の生地の好き嫌いは強くあって、着ると必ず泣き出す服がありました。その服の生地が嫌なのだと思います。
年齢とともに、神経の過敏さは少なくなってきています。

乳児の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 乳児の発達障害の特徴