コミュニケーションが苦手。アスペルガー症候群の特徴

      2016/09/19

アスペルガー症候群の特徴

曖昧な表現が理解できない。

アスペルガー症候群の特徴は、抽象的な表現や曖昧な表現が理解できないことです。「あれ」「いつか」「たぶん」「ちゃんと」こういったあいまいな表現が理解できない。抽象的な表現が理解できないことがアスペルガー症候群の特徴です。

言葉の遅れはないけど、会話がちょっと変。

アスペルガー症候群の特徴は、会話がちょっと変なことです。アスペルガー症候群は、言葉の遅れはありません。逆に言葉の発達が早い場合もあるくらいです。それでもコミュニケーションは苦手。すらすらと早口でずっと変なお喋りをしている。変に大人びた表現を使って喋る。専門用語みたいな難しい言葉を使って喋る。ちょっと会話が変で、コミュニケーションが苦手なことが、アスペルガー症候群の特徴です。

冗談や皮肉が理解できない。

アスペルガー症候群の特徴は、慣用句や冗談、皮肉などが理解できないことです。比喩や例えを言葉の意味を文字通りにとらえてしまう。全く冗談が通じない。具体的で直接的な表現だけしか理解できないことがアスペルガー症候群の特徴です。

感情表現ができない。

アスペルガー症候群の特徴は、自分の感情を表現できないことです。思ったことを言わない。自分の気持ちを表情に出さない。泣かない。笑わない。嬉しくても相手に感謝の気持ちを伝えられない。怒っても、悲しくても、喜んでも表情が変わらない。人に自分の気持ちを伝える必要性を感じていません。感情表現が苦手なのがアスペルガー症候群の特徴です。

アスペルガー症候群の特徴の具体例

発達障害・知的障害の特徴

 - アスペルガー症候群の特徴