広汎性発達障害とは?

      2016/09/19

広汎性発達障害とは?

PDD:pervasive developmental disorder
広汎性発達障害とは、自閉症、アスペルガー症候群のほか、レット障害、小児期崩壊性障害、特定不能の発達障害など、これらの総称です。最近では、広汎性発達障害PDDとほぼ同じ意味で、自閉症スペクトラム障害という名称が使われています。

広汎性発達障害の症状

広汎性発達障害はいろいろな発達障害を含む総称なので、その症状も他の発達障害の症状を合わせたものです。
1. 対人関係の障害
2 コミュニケーションの障害
3. パターン化した興味や活動
などが広汎性発達障害の主な症状です。

広汎性発達障害とほぼ同じ意味の「自閉症スペクトラム」

広汎性発達障害に含まれる「自閉症」と「アスペルガー症候群」

発達障害・知的障害の特徴

 - 発達障害とは?発達障害って何?