発達障害・知的障害を持つ子への接し方、話し方

      2016/09/19

発達障害・知的障害への支援・療育

発達障害や知的障害があると、日常生活で困ったことが多くあります。周囲の支援や、生活の工夫で、障害者の生活をサポートしましょう。ただ助けるのではなく、本人の成長を促すことも大切です。手助けする「支援」と、本人の成長を促す「療育」の2つを意識しましょう。

発達障害を持つ子を褒める。

なんでも褒める。とにかく褒める。ほめてあげることが大切です。発達障害の子は叱られる行動を多くしますが、わざとではありません。叱った直後には必ず褒める。悪いことをして叱った直後に、やめてくれてありがとうって褒める。叱るより、褒めることが効果があります。

発達障害を持つ子への話し方

短い言葉で簡潔に話す。

長文で話すのはやめましょう。障害児には長い会話が苦手な子がいます。短い言葉で簡潔に話すようにしましょう。

前のことが終わって、次のことを言う。

何かを伝える時は、ひとつひとつ話すようにしましょう。障害児には、ひとつのことを始めると他のことを思い出せない子がいます。複数のことを覚えられない子もいます。「手を洗ってから、おやつを食べてね。」と言っても、すぐにおやつを食べ始める子もいます。「手を洗ってね」、手を洗い終わったら、「おやつを食べてね」と、1つのことが終わったら、次のことを伝えましょう。

聞く状態にしてから話す。

話し始める時には、まず注意をひいて、聞く状態にしてから伝えましょう。声をかけるときに「これから説明するね。」と言って、振り向かせてから、会話を始めましょう。障害児には、喋りかけられても、意識が他のことに向いている場合が多くあります。聞く用意ができずに話し始めると、障害児には内容が伝わりません。まずは、注意をひいて、聞く状態にしてから、話すようにしましょう。

曖昧な表現は使わず、具体的に話す。

発達障害の子には、抽象的な言葉を使わず、具体的な言葉で伝えましょう。「きちんと片付けなさい。」では、うまく伝わりません。「本を本棚に片付けて。」と具体的に伝えましょう。本人が理解できないことを叱っても、効果がありません。叱るより、具体的な方法を伝えるほうが効果があります。

実際の物、絵や写真を見ながら話す。

できるだけ実際の物を見せながら話しましょう。「水を止めてね」と言って理解できても、またすぐに忘れる子がいます。障害児には、会話が苦手でも、視覚情報の理解力と記憶力がすごく高い子もいます。水道の蛇口を回すのを見せながら「水を止めてね」と伝えると記憶が続きます。実際の物が見せられない場合は、絵や写真でも効果があります。視覚的な効果を使って、話すようにしましょう。

具体的な療育方法

発達障害・知的障害の特徴

 - 障害への支援、療育の種類