感覚が偏っている。大人の発達障害の特徴

   

大人の発達障害の特徴、具体例

感覚が偏っている。偏食、好き嫌いが激しい。

味覚、聴覚、触覚などが過敏だったり鈍感だったり、感覚が偏っている。大人の発達障害の特徴です。

肉がダメ、魚がダメ、特定の野菜や食べ物が苦手で食べられない。偏食で、食べ物の好き嫌いが激しい。味覚が偏った特徴です。辛子やわさびなど、香辛料をドバッとかけても全然辛味を感じない、味覚が鈍感な特徴の場合もあります。

花火の音がダメ、運動会のピストルの音がダメ。大きな音がなんでもダメ。騒がしい街の雑音がダメ。特定の音が苦手で嫌がる。聴覚が偏った特徴です。明るい光が苦手で、周囲の人より眩しく感じる。ちょっとした光を眩しく感じる。人から触られるのが苦手で、握手やタッチなどでちょっとでも触られるのがダメ。セーターの肌触りが苦手で着られない。顔を覆う感覚が苦手でマスクが着けられない。触れる感覚が過敏、触覚が偏った特徴です。

このように感覚が偏って、特定のものを極端に嫌がるのが、大人の発達障害の特徴です。

大人の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 大人の発達障害の特徴