遅刻が多い。大人の発達障害の特徴

   

大人の発達障害の特徴、具体例

遅刻が多い。

約束の時間を忘れて遅刻。迷子になって遅刻。朝起きられなくて遅刻。いつも遅刻してしまう。大人の発達障害の特徴です。

朝起きられなくて遅刻する特徴の人がいます。決まった時間に眠れない。ちょっとした物音で眠りから覚めてしまい睡眠が不十分。夜中に何かに熱中してしまい気が付いたら徹夜になっている。このように朝起きられない特徴の原因はいろいろあります。

いつも約束の時間や場所を忘れてしまう特徴の人もいます。約束自体を忘れてしまっているので、当然遅刻してしまいます。方向音痴で迷ってしまい遅刻する人もいます。すぐに迷子になるほど方向音痴では約束の時間に間に合いません。

準備に手間取って遅刻する特徴の人もいます。出発前の準備の時に必要なものが見つからない。着て行く制服などが見つからない。準備の途中でなぜか他のことを始めてしまう。始めはまだ余裕があると思っていても、何故か結局遅刻してしまう。

遅刻が多いと、人から信頼されません。遅刻が多い大人の発達障害の特徴は、本人はやる気はあるのに、なぜかいつも遅刻してしまう困った特徴です。

大人の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 大人の発達障害の特徴