人と目をあわせない。幼児の発達障害の特徴

      2016/09/19

幼児の発達障害の特徴、具体例

人と目をあわせない。

人と目をあわせない、お友達と目をあわせない、発達障害児の特徴の一つです。

幼児期の子供は、お友達と遊ぶことを覚えていきます。幼稚園などに通い始めると、お友達と一緒に集団生活が始まります。発達障害の子は、同じ年齢のお友達と一緒にいても、目を合わせようとしない特徴がみられます。

発達障害の子は、うまく人と接することができません。まわりの人に興味や関心がない。お友達に興味はあるけど、コミュニケーションがとれない。それで、人と目をあわせない。
人と目を合わせようとしない。他人に関心がない。他人から見られるのを嫌がる。発達障害のサインです。子供をよく観察しましょう。

うちの子の場合は。
(広汎性発達障害、軽度知的障害児)

うちの子も、人と目をあわせるのは苦手な特徴があります。誰かと目があうと、すぐに目をそらしてしまします。乳児の頃からそうでしたが、幼稚園になっても目をあわせない特徴があり、小学校になっても、あまり人と目をあわせないっていう特徴はそのままです。


幼児の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 幼児の発達障害の特徴