お友達となじめない。小学生の発達障害の特徴

      2017/07/14

小学生の発達障害の特徴、具体例

お友達となじめない。

お友達と遊ぼうとするけど、うまく馴染めない、発達障害児の特徴の一つです。相手のお友達が嫌がっても自分の好きな行動をしてしまう特徴があります。

小学生になって、同じクラスのお友達と遊ぶためには、お互いに我慢したり、ルールを守ったり、相手の気持ちを考えたりすることが必要です。小学校の集団生活の中で自然と覚えていくことですが、発達障害を持つ子は、この相手の気持ちを考えることが苦手といった特徴があります。相手のことを考えずに、お友達の一緒に遊ぼうとするので、自分の遊びたいことだけを押し付けることになり、相手のお友達から嫌がられてしまいます。相手のお友達の気持ちを無視した行動をしてしまうため、お友達と上手くなじめません。

大人とは、遊んだり会話ができる場合があります。大人は、発達障害の子供にあわせてあげるからです。

うちの子の場合は。
(広汎性発達障害、軽度知的障害児)

わたしの子供も、お友達の輪の中に入れない特徴があり、学校ではいつも一人ぼっち。たまに友達が誘ってくれると一緒に遊んでいるようです。同級生のお友達の遊びについていけないので、なかなかお友達も誘ってくれません。お友達の遊びについていけるようにならないと、誘ってくれるお友達は残念ですがいないと思います。


小学生の発達障害の特徴
小学生の発達障害の特徴、改善例、6歳〜12歳


年代別に障害の特徴、改善例をチェック

大人の発達障害の特徴 小学生の発達障害の特徴 幼児の発達障害の特徴 乳児の発達障害の特徴

障害の種類で特徴、改善例をチェック

自閉症の特徴 アスペルガー症候群の特徴 注意欠如多動性障害ADHDの特徴 学習障害LDの特徴

 - 小学生の発達障害の特徴