「 自閉症の特徴 」 一覧

自閉症とは?

自閉症(Autism)とは、
1. 他人との社会的関係の形成の困難さ
2. 言葉の発達の遅れ
3. 興味や関心が狭く特定のものにこだわる
この3つの特徴をもつ障害です。
自閉症の症状として、他人に興味や関心がなく、コミュニケーションが苦手、変化が苦手で決まりにこだわり、変な行動を繰り返す傾向があります。自閉症は3歳くらいまでには、何らかの症状が見られます。




自閉症の具体的な特徴の例

自閉症の原因

自閉症の原因は、親の育て方ではありません。生まれつきの脳の構造や機能の異常が原因と考えられています。遺伝や環境、妊娠中や出産時のトラブルなども原因の一つです。




高機能自閉症とは

高機能自閉症とは、知的な遅れがない自閉症のことです。自閉症の多くは知的障害を伴いますが、知的な遅れがない自閉症を、高機能自閉症と呼んでいます。知的な遅れはありませんが、言葉の遅れは見られます。高機能自閉症では、勉強の成績は良いのに人との会話が極端に苦手という症状が見られます。高機能自閉症とよく似た症状にアスペルガー症候群がありますが、アスペルガー症候群では言葉の遅れがありません。

自閉症と合併症

自閉症は、他の障害も合わせ持つことが多いのが特徴です。自閉症の半数以上は知的障害を伴います。知的障害の他に自閉症の合併症として多いのが、注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)、てんかんです。

自閉症の発生頻度

自閉症は約500人に1人いると言われています。症状が軽い人たちまで含めると、約100人に1人いると言われています。男女比率は4:1で、男性に多く見られます。遺伝的要因も指摘されていて、自閉症者の近親者では、発生頻度が約5-10倍という統計もあります。




自閉症の例

急に予定が変わったり、初めての場所に行ったりすると不安になり動けなくなることがよくあります。そんな時、周りの人が促すと余計に不安が高まって突然大きな声を出してしまうことがあります。周りの人から、どうしてそんなに不安になるのかわからないので、何をしてあげたらよいかわからない」と言われてしまいます。
でも、よく知っている場所では一生懸命、活動に取り組むことができます。
kou01

自閉症の特徴一覧

jih006-001

人の気持ちがわからない、空気が読めない。自閉症の特徴

2016/09/07   自閉症の特徴

自閉症の特徴は、空気を読めないことです。人の気持ちがわからない、その場の雰囲気が理解できません。いわゆるKY、天然です。

jih007-001

コミュニケーションが苦手。自閉症の特徴

2016/09/07   自閉症の特徴

言葉の遅れがある。他人に関心がない。友達と遊ばない。感情表現ができない。自閉症の特徴は、他人とコミュニケーションをとるのが苦手。

jih005-001

特定の物にこだわる。自閉症の特徴

2016/09/07   自閉症の特徴

変化が嫌い。特定のものにはマニアック。同じ行動を繰り返す。自閉症の特徴は、こだわりが強く、変化が嫌いなことです。

jih004-001

体育、運動が苦手、手先が不器用。自閉症の特徴

2016/09/07   自閉症の特徴

体育、運動が苦手、運動神経が悪い。手先が不器用で、道具を使うのが苦手。自閉症の特徴は、運動が不得意で、運動音痴なことです。手先が不器用で、道具を使うのが苦手です。

jih003-001

感覚が偏っている。自閉症の特徴

2016/09/07   自閉症の特徴

偏食、好き嫌いが激しい。触れる物を嫌がる。大きな音を嫌がる。光を嫌がる。においに敏感、痛みを感じない、姿勢が悪い。自閉症の特徴は、いろんな感覚が偏っていることです。

jih002-001

抽象的な曖昧な表現がわからない。自閉症の特徴

2016/09/07   自閉症の特徴

抽象的な曖昧な表現が理解できない。冗談や皮肉が理解できない。「あれ」「いつか」こういった抽象的な表現が理解できない。ユーモアが通じない。

jih001-001

要領が悪い。自閉症の特徴

2016/09/07   自閉症の特徴

複数のことが同時にできない。要領が悪い。行動が切り替えられない。時間の概念があまりない。自閉症の特徴は、要領が悪くて、複数のことが同時できないことです。

16090609.002

大人の高機能自閉症とは?

「高機能」とは、知的な遅れ、知的障害がないという意味です。高機能自閉症は、自閉症スペクトラム障害の中で、知的障害のある自閉症と、アスペルガー症候群の、中間くらいの症状となります。

16090601.001

自閉症スペクトラム障害とは?

自閉症、高機能自閉症、アスペルガー症候群などを同じ障害と捉えて、自閉症スペクトラム障害(ASD)と呼びます。広汎性発達障害という名称では、障害のイメージがわからないという意見もあるため、最近では自閉症スペクトラム障害という呼び方が増えてきています。