お金の管理ができない。大人の発達障害の特徴

   

大人の発達障害の特徴、具体例

お金の管理ができない。

衝動買いや借金をする。貯金ができない。お金の管理ができない。大人の発達障害の特徴です。

思いつきで衝動買いしてしまう。欲しい物は全部買ってしまう。よくないこととわかっていても、ついつい何でも勢いで買ってしまう。このような衝動買いの特徴がある人がいます。

期限までにお金を払うことができない。借金を繰り返してしまう。お金の支払いが遅れる。ギャンブルで大損する。お金の管理がずさんで、貯金が全くできない。お金を計画的に使うことができない。人から頼まれると、お金を貸してしまう。詐欺に騙されて引っかかる。お人好しで、人を疑わず連帯保証人になったり、お金を貸したりしてしまう。

このお金の管理ができない特徴は、大人になって生活していく上で、とても困った特徴です。軽い気持ちで連帯保証人になって大変な思いをしている人もいます。

大人の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 大人の発達障害の特徴