人づきあいが苦手。大人の発達障害の特徴

   

大人の発達障害の特徴、具体例

人づきあいが苦手。

対人関係が不器用で、人づきあいが苦手。大人の発達障害の特徴です。

自己中心的で周囲の人との協調性に乏しい。人とすぐにトラブルになってしまう。感謝や謝罪や反省などの自分の気持ちをうまく表現できない。困っていても、他の人に助けを求めることができない。人から頼まれた要求を断ることができない。誰かに手伝ってもらっても「ありがとう」が言えなかったり、誰かに迷惑をかけても「ごめん」が言えないのも、大人の発達障害の特徴です。この特徴があると周囲の人の反感を買い、仲間はずれやいじめの原因になってしまいます。

大人の発達障害では、人と仲良くしたいという願望がある場合と、そうした願望自体がない場合があります。どちらの場合も、人と仲良くできないという特徴があります。

大人の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 大人の発達障害の特徴