我慢ができない。幼児の発達障害の特徴

      2016/09/19

幼児の発達障害の特徴、具体例

我慢ができない。

我慢ができない。直前に何回も注意されても、全く我慢ができない。発達障害児には、こんな特徴がある子がいます。

みんなで仲良くおもちゃを使おうと言われているのに、言われた直後におもちゃを独り占めしてしまう。順番で遊ぶように言われても、その直後に順番を守らず勝手に遊んでしまう。直前に繰り返し注意されても、全然我慢ができない。こんな特徴が発達障害児にはあります。

幼稚園や保育園で集団生活を始めると、だんだんと我慢ができるようになってきますが、発達障害の子は、幼稚園や保育園の先生から何度注意されても、全然我慢ができない特徴があります。本人もダメだとはわかっているのですが、欲求を抑えられません。注意された大人の様子を見ながら、我慢できずに約束を破ることもあります。

この我慢できないという特徴は、幼稚園や保育園で他のお友達から、わがままな子、自分勝手な子と思われ、仲間はずれの原因となります。

うちの子の場合は。
(広汎性発達障害、軽度知的障害児)

うちの子の場合も、我慢するのが苦手。この我慢できないという特徴は、お友達に迷惑がかかるので、幼稚園では困りました。


幼児の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 幼児の発達障害の特徴