運動が苦手。幼児の発達障害の特徴

      2016/09/19

幼児の発達障害の特徴、具体例

運動が苦手。

運動神経が極端に悪くて、運動が苦手。発達障害児には、こんな特徴がある子がいます。

両足同時にジャンプができない。足を交互に階段を降りれない。スキップができない。運動神経が悪く、極端に運動が苦手。こんな特徴が発達障害児にはあります。幼稚園の運動会でのダンスや体操ができず、みんなと同じよう踊れない。運動神経が悪く、身体を思い通りに動かすことができません。幼稚園や保育園では、ダンスや体操などの運動遊びを、子供たちは楽しみます。発達障害で運動が苦手な子は、みんなと一緒の運動ができません。一人だけ運動ができないと、お友達と遊ばなくなったり、仲間はずれの原因となる、困った特徴です。

うちの子の場合は。
(広汎性発達障害、軽度知的障害児)

うちの子の場合も、運動が苦手です。運動は全部不得意。本人のやる気はあるのですが、運動神経が悪いのでどうしようもない。幼稚園の運動会のダンスでは、一人だけ何も踊れず立ったまま、かけっこも最下位です。本人もお友達と比べて運動ができないのがわかるようで、かわいそうなのですが、どうしようもありません。


幼児の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 幼児の発達障害の特徴