偏食、食べ物の好き嫌いが激しい。幼児の発達障害の特徴

      2016/09/19

幼児の発達障害の特徴、具体例

偏食、食べ物の好き嫌いが激しい。

食べ物の好き嫌いがとっても激しい、発達障害児の特徴の一つです。この特徴、何が好きで、何が嫌いかは、それぞれの子によって違いますが、とにかく偏食が激しいのが特徴です。

固いものは食べない、赤や緑など原色のものは食べない、あったかいものは食べない、においがするものは食べない、形が違うと食べない、特定のもの以外は全部食べない、いろんな偏食の特徴をもった子がいます。感覚が過敏で、味に敏感、においに敏感、かたさに敏感、色に敏感、かたちに敏感、味覚、臭覚、触覚、視覚の好み、特定のものへのこだわりなど、いろんな原因があります。

偏食という特徴以外にも、食事が苦手な場合が多く、噛むことができない、なんでも口一杯に詰め込んでしまうといった問題もあったりします。
わがままに見えますが、感覚過敏が原因なので、本人の努力だけでは解決できません。お腹が空いて食べたくても食べられない、一番困っているのは本人なんです。

うちの子の場合は。
(広汎性発達障害、軽度知的障害児)

わたしの子供も、偏食が激しい特徴があります。幼稚園の頃は固いものがダメで、味噌汁やシチューとかをかけた柔いご飯しか食べませんでした。パンは全くダメでした。年齢とともに、ちょっとずついろんなものが食べられるようには、なってきています。


幼児の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 幼児の発達障害の特徴