名前を呼んでも振り向かない。幼児の発達障害の特徴

      2016/09/19

幼児の発達障害の特徴、具体例

名前を呼んでも振り向かない。

名前を呼んでも振り返ることが少ないこと、これも発達障害児の特徴です。周囲の人に自分の気持ちや関心が向きにくいという、発達障害児の特徴です。

発達障害児は乳児期を過ぎて、幼児になっても、名前を呼ばれても振り返らないという特徴があります。赤ちゃんの頃、名前を呼んでも振り向かないのは、自分の名前を理解できていないことがあります。発達障害の子は、幼児になって自分の名前はもう自覚しているのですが、注意力が弱いのか、何かに集中しすぎて気がつかないのか、自分の名前を呼ばれても反応を示さない特徴があります。

聞こえてないのかな?って感じることが多い場合は、名前を呼んでも振り向かないという、発達障害児の特徴かもしれません。

うちの子の場合は。
(広汎性発達障害、軽度知的障害児)

うちの子も、名前を呼んでも振り向かない特徴があり、ぼーっとして名前を呼んでも反応がなく、大声で呼ぶまで気がつかないことがあります。周囲のことに無関心で、注意力が弱いって感じています。この名前を呼んでも振り向かない特徴は、年齢があがっても、改善されないことが多いみたいで、うちの子も幼児の頃から改善されず困っています。


幼児の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 幼児の発達障害の特徴