集中できない。小学生の発達障害の特徴

      2017/07/14

小学生の発達障害の特徴、具体例

集中できない。

集中できずに、興味が他のことへ移ってしまう。集中力がない。これも発達障害児の特徴の一つです。

人と話している途中で、集中できずに他のことに興味が移る。同じことを繰り返しできずに、興味がなくなってしまう。学校での授業中に、集中できずにキョロキョロしたり手遊びを始める。静かにじっとしていることができずに、体を動かしたり立ち歩いたりしてしまう。このように何かに集中できずに、興味がそれる特徴が発達障害の子にはあります。

この特徴を持つ子は、ちょっとしたきっかけで、他へと興味が移り集中力がなくなる。注意力を持続させることができない。疲れる、飽きるという気持ちに流されてしまう。相手が嫌がる、迷惑をかけることに気がつくコミュニケーション能力が不足している。こういったことが、集中できない特徴の原因です。この集中できない特徴を持つ子でも、自分が好きで興味を持っていることだと、強いこだわりをみせて、何時間でも集中する特徴もあります。集中力に、ばらつきがあるのです。

発達障害を持つ本人には集中できない自覚はなく、自分の興味や関心に対して素直に行動しているだけです。学校生活などでは、繰り返し先生やお友達から注意されてしまうなど、集団行動に馴染めない原因となる特徴です。

うちの子の場合は。
(広汎性発達障害、軽度知的障害児)

うちの子の場合も、人の話を聞くことや、勉強などに集中することが苦手な特徴があります。学校での授業中も手遊びが多くて、先生からよく注意をされます。集中するように言っても、できないものはできません。発達障害の特徴なので、言って簡単に良くなるものではありません。自分が好きなことだけ強いこだわりで集中します。いったい集中できるのか、できないのか、よくわからなくなります。


小学生の発達障害の特徴
小学生の発達障害の特徴、改善例、6歳〜12歳


年代別に障害の特徴、改善例をチェック

大人の発達障害の特徴 小学生の発達障害の特徴 幼児の発達障害の特徴 乳児の発達障害の特徴

障害の種類で特徴、改善例をチェック

自閉症の特徴 アスペルガー症候群の特徴 注意欠如多動性障害ADHDの特徴 学習障害LDの特徴

 - 小学生の発達障害の特徴