算数ができない。小学生の発達障害の特徴

   

小学生の発達障害の特徴、具体例

算数ができない。

計算、長さや重さ、図形など、とにかく算数ができない。発達障害児には、こんな特徴がある子がいます。

数の概念が理解できない。かけ算九九が覚えられない。かけ算わり算の概念が理解できない。筆算のきまりが理解できない。長さや重さの概念が理解できない。図形を使ったことが理解できない。とにかく算数が理解できない。発達障害の子には、こんな特徴がある子がいます。

会話や本読み、漢字の書き取りなど、国語の勉強はできるのに算数ができない。勉強全部ができないのではなく、算数だけができない特徴の子もいます。簡単な計算はできるけど、何問かやると必ず間違うケアレスミスを連発する特徴の子もいます。

計算のきまりが覚えられないこと。図形などを頭の中で想像することができないこと。わかっていることから、わかっていないことを推測ができないこと。このようなことが、算数ができない特徴の原因です。

算数などの計算や推論が弱い特徴の障害。国語などの言語能力が弱い特徴の障害。その両方ができない特徴の障害。人それぞれ障害の特徴は違います。

うちの子の場合は。
(広汎性発達障害、軽度知的障害児)

うちの子の場合は、算数の計算は比較的できますが、長さや重さ、図形などの抽象的なことを考えるのが苦手です。計算は、今までできていた簡単な内容が、突然できなくなったりします。計算の概念が完全に理解できていないので、手順を忘れてしまうと、わからなくなるのだと感じます。


小学生の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 小学生の発達障害の特徴