音読ができない。小学生の発達障害の特徴

   

小学生の発達障害の特徴、具体例

音読ができない。

声を出して本を読む、国語の教科書の音読ができない。発達障害児の特徴のひとつです。

この音読が苦手な特徴がある子は、文章を読むときに、1字ずつ読んだり、1単語ずつよんだりして、喋っている時のようにスラスラ流暢に読むことができません。単語を飛ばして読んだり、一行飛ばして読んだりしてしまいます。特定の文字が読めなかったり、小さいつ「っ」が発音できなかったりもします。

会話は普通にできるのに、なぜか本読みができない場合もあります。この声に出して本を読むことができない、音読ができない特徴は、本人の努力が足りないのではありません。障害で本人が努力しても読めないのです。

学校では、おしゃべりは普通にできるので、音読の練習が足りないと思われてしまいますが、本を読めない特徴の障害なのです。

うちの子の場合は。
(広汎性発達障害、軽度知的障害児)

うちの子の場合は、勉強全般が苦手で、本読みは苦手です。普段の会話も、うまくおしゃべりできないので、音読ができない特徴があるというより、言語全体が弱い特徴の障害です。
学校では声に出して本を読むことが多く、この音読ができない特徴があると、学校の授業では困ってしまいます。


小学生の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 小学生の発達障害の特徴