幼児の発達障害の特徴

眠らない。幼児の発達障害の特徴

幼児の発達障害の特徴、具体例

眠らない。

眠らない、寝つきが悪い、眠ってもすぐに目が覚める。これも発達障害児の特徴の一つです。

発達障害の子は幼稚園になっても、なかなか寝てくれない。こんな特徴があります。乳児の頃は、夜泣きをしたり、深夜まで眠らず起きていたり、どんな子でもこのような経験があると思います。子供って乳児の時は、みんなこんなものです。

疲れていると思うのに全然眠らない。夜中に子供を見ると、目を開けて起きている。夜泣きが続く。朝早く目が覚める。睡眠のリズムが安定しない。寝かせようとすると怒る。この眠らない特徴があると、母親は疲れ果ててしまします。あまり神経質にならず割り切って、お母さんは気にせず睡眠をとるようにしましょう。子育ては体力勝負です。

うちの子の場合は。
(広汎性発達障害、軽度知的障害児)

うちの子の場合は、いつもぐっすり眠ったくれました。この特徴はなかったです。わたしが添い寝しなくても、一人で勝手に眠ってくれました。母親がいなくても気にしないタイプでした。



もうすぐ1年生、入学準備の勉強を始めよう!

年代別に障害の特徴、改善例をチェック

大人の発達障害の特徴 小学生の発達障害の特徴 幼児の発達障害の特徴 乳児の発達障害の特徴

障害の種類で特徴、改善例をチェック

自閉症の特徴 アスペルガー症候群の特徴 注意欠如多動性障害ADHDの特徴 学習障害LDの特徴

-幼児の発達障害の特徴

関連記事

幼児の発達障害・知的障害の特徴

いつまでもやめない。切り替えできない。幼児の発達障害の特徴、具体的な改善例

自分がやっていることを、いつまでもやめずに、行動の切り替えができない。中断するように言っても、途中でやめない。これも発達障害児の特徴の一つです。

幼児の発達障害・知的障害の特徴

偏食、食べ物の好き嫌いが激しい。幼児の発達障害の特徴、具体的な改善例

食べ物の好き嫌いがとっても激しい、発達障害児の特徴の一つです。この特徴、何が好きで、何が嫌いかは、それぞれの子によって違いますが、とにかく偏食が激しいのが特徴です。

幼児の発達障害・知的障害の特徴

いつも同じことをする。常同行動、自己刺激行動。幼児の発達障害の特徴、具体的な改善例

意味のないことをいつも繰り返す、いつも同じことをする。これも発達障害児の特徴の一つです。同じことを意味もなく繰り返すことを、常同行動や自己刺激行動といいます。

幼児の発達障害・知的障害の特徴

人と目をあわせない。名前を呼んでも振り向かない。指差しをしない。幼児の発達障害の特徴

人と目をあわせない、お友達と目をあわせない。名前を呼んでも振り返ることが少ない。人や物を指をさして気づいてもらう、この指差しをしない。周囲の人に自分の気持ちや関心が向きにくいという、発達障害児の特徴です。

幼児の発達障害・知的障害の特徴

極端に不器用。箸、ボタン、ファスナーができない。幼児の発達障害の特徴、具体的な改善例

不器用で箸で食べるのが下手。道具をうまく使えず、極端に手先が不器用。発達障害児には、こんな特徴がある子がいます。

大人の発達障害の特徴 小学生の発達障害の特徴 幼児の発達障害の特徴 乳児の発達障害の特徴
自閉症の特徴 アスペルガー症候群の特徴 注意欠如多動性障害ADHDの特徴 学習障害LDの特徴