小学生の発達障害の特徴

偏食、食べ物の好き嫌いが激しい。小学生の発達障害の特徴

小学生の発達障害の特徴、具体例

偏食、食べ物の好き嫌いが激しい。

極端に偏食で、食べ物の好き嫌いがとっても激しいこと。発達障害児の特徴の一つです。

小学校では、みんなで給食を食べるので、嫌いな献立だと食べることができません。
偏食で食べ物の好き嫌いが激しい特徴があると、小学校生活ではとっても困ります。

ちょっとくらい嫌いな食べ物でも、小学生になると我慢して食べられることが多いのですが、発達障害の子は、小学生になっても偏食が激しく、嫌いなものを、全然食べられません。

味、匂い、固さ、食感、色、形など、好き嫌いの原因はいろいろです。発達障害の子は、感覚が過敏で、嫌いなものが食べられないのです。

小学校では、給食を残さず食べることを教えます。偏食でいつも食べ残しがあると、小学校では仲間はずれの原因となるため、困った特徴です。

うちの子の場合は。
(広汎性発達障害、軽度知的障害児)

わたしの子供も、偏食が激しい特徴があります。パンが苦手なので、小学校の給食ではパンが食べられません。1年生の頃は、食べ残したパンを机の中に隠して、先生に叱られていました。ちょっとずつ我慢して食べられるようになりましたが、偏食の特徴は変わりません。



年代別に障害の特徴、改善例をチェック

大人の発達障害の特徴 小学生の発達障害の特徴 幼児の発達障害の特徴 乳児の発達障害の特徴

障害の種類で特徴、改善例をチェック

自閉症の特徴 アスペルガー症候群の特徴 注意欠如多動性障害ADHDの特徴 学習障害LDの特徴

-小学生の発達障害の特徴

関連記事

小学生の発達障害・知的障害の特徴

我慢ができない。遊びで負けると怒る、ルールが守れない。せっかちで、順番が待てない。小学生の発達障害の特徴、具体的な改善例

何度言われても、約束が守れない。全く我慢ができない。わがままで自分勝手。発達障害児には、こんな特徴がある子がいます。

小学生の発達障害の特徴

小学生の発達障害の特徴

この小学生の時期は、注意欠如多動性障害ADHDや学習障害LDが発見されやすい年代です。小学校の集団生活では、発達障害を持つ子は困ってることが多いです。
早期に発達障害を発見して、問題を解決するため、子供の特徴をよく見て、様子を観察していきましょう。

小学生の発達障害・知的障害の特徴

数字や駅名を暗記、物や手順に強くこだわる。小学生の発達障害の特徴、具体的な改善例

ものの名前や数字など、自分の興味があることを、異常なほど記憶している。こだわりがあるものの記憶力がすごい。自分がやることの手順に強く執着する。手順にこだわり、何かの順番が変わることを嫌う。これも発達障害児の特徴の一つです。

小学生の発達障害・知的障害の特徴

集中できない。小学生の発達障害の特徴

集中できずに、興味が他のことへ移ってしまう。集中力がない。これも発達障害児の特徴の一つです。

授業中に静かに座れない。日直や当番の仕事ができない。小学生の発達障害の特徴、具体的な改善例

授業中に自分の席に静かに座れない。掃除や日直、当番などの、学校の仕事ができない。発達障害、知的障害を持つ子は、学校生活になじめない特徴があります。

大人の発達障害の特徴 小学生の発達障害の特徴 幼児の発達障害の特徴 乳児の発達障害の特徴
自閉症の特徴 アスペルガー症候群の特徴 注意欠如多動性障害ADHDの特徴 学習障害LDの特徴