改善方法の具体例、大人の発達障害

      2017/05/13

大人の発達障害は、周囲のサポートと本人の努力で改善する。

大人の発達障害は、周囲の支援や生活の工夫で、かなりの改善が見込めます。周囲の理解やサポートも当然必要ですが、子供の発達障害と比べて、本人の意識や行動で、多くの改善ができるのが大人の場合の特徴です。

改善方法の具体例、発達障害の本人がやること

自分自身の発達障害の特性を、理解することが大切です。自分が苦手なことを意識して、問題を解決するように行動しましょう。ただし、頑張りすぎには注意しましょう。自分自身ができる範囲で、努力しましょう。

マナーを守る。

席を譲る、順番を守る、大人として社会的なマナーを守ることを意識しましょう。食事のマナー、服装のマナー、会話のマナー、自分自身は何も感じなくても、相手が不快に感じることを意識して行動しましょう。

誰かを怒らせたら、すぐに謝る。

発達障害の特性で、相手が不快に感じることがあります。誰かが怒り出したら、自分に原因がある可能性を意識して、行動しましょう。

人に頼めるようになる。

自分ができないことは、誰かに頼めるようになりましょう。なんでも自分で抱え込んでも問題は解決しません。できないことは、人に頼めるようになりましょう。

相手の気持ちを考える。

できるだけ、相手がどう感じているかを考えましょう。自分の気持ちだけじゃなく、相手の気持ちを考えるようにしましょう。

できること、できないことを、人に伝えましょう。

自分自身が、得意なことと苦手なことを、周囲の人に伝えましょう。できないことは、誰かにお願いしましょう。

忘れちゃいけないことは、メモをする。

大事なことは、忘れないように、すぐメモをしましょう。

大切な物はいつも携帯し、置き場所を決める。

なくしちゃいけない大切な物は、いつも持ち歩き、決めた場所以外には置かないようにしましょう。

寝る前に、明日の準備をする。

明日の持ち物や服装を、寝る前に準備しましょう。

アラームで時間を管理する。

スマホなどのアラーム機能を活用して、時間を管理しましょう。次にやることをアラームをセットして、忘れないようにしましょう。

気持ちが落ち着く場所や行動を見つける。

パニックになりそうだったら、気持ちが落ち着く場所に行きましょう。トイレの個室に入る。顔を洗う。目を閉じてジッとする。走る。なんでもいいので、自分の気持ちが落ち着く場所や行動を見つけて、パニックになる前に対処しましょう。

大人の発達障害のリンク

発達障害・知的障害の特徴

 - 大人の発達障害の特徴