片付け整理整頓ができない。大人の発達障害の特徴

   

大人の発達障害の特徴、具体例

片付け整理整頓ができない。

片付けができない。整理整頓ができない。大人の発達障害の特徴です。

かばんの中がぐちゃぐちゃ。机の上になんでも出しっぱなし。タンスや棚の中に物を押し込んでいる。部屋が散らかって片付けられない。不衛生で汚れているのではなく、物が散乱して整理整頓できないのが特徴です。本や書類、プリントを整理できない。本棚がめちゃくちゃで整理整頓できない。脱いだ服をやりっぱなし。どんな物でも捨てられない。物を分類できない。なんでも物をどこかに置いてしまう。

整理整頓をしたくても、どうしたらいいのかわからない。片付けたくても、片付けられない。片付けを始めても、気が付いたら片付けの途中で違うことを始めてしまっている。そもそも整理整頓をする気がなく、片付けなくて散らかっている方が落ち着くと考えている。

とにかく身の回りの物を片付けられず、整理整頓できないのが、大人の発達障害の特徴です。

大人の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 大人の発達障害の特徴