かんしゃくが強い。幼児の発達障害の特徴

      2016/09/19

幼児の発達障害の特徴、具体例

かんしゃくが強い。

欲求不満があると、強いかんしゃく。感情の起伏が激しく、ちょっと気に入らないと、激しいかんしゃく。発達障害児の特徴の一つです。

幼稚園や保育園くらいまでの幼児では、かんしゃくを起こすのはよくあることです。しばらく放置しておくと、ほとんどの場合はおさまります。でも、発達障害の子の場合は、なかなかおさまりません。外にお出かけできないと強いかんしゃく。野菜を食べろと言われたら強いかんしゃく。自分の思い通りにならず、欲求不満があると強いかんしゃく。お腹が空いたり、疲れたり、眠いと強いかんしゃくを起こす特徴があります。

癇癪は、年齢とともに、少なくなってきます。幼稚園の年長くらいになっても、全然収まらない場合は、発達障害のサインかもしれません。

うちの子の場合は。
(広汎性発達障害、軽度知的障害児)

うちの子の場合は、感情の起伏は激しいけど、かんしゃくの特徴はありませんでした。


幼児の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 幼児の発達障害の特徴