指差しをしない。幼児の発達障害の特徴

      2016/09/19

幼児の発達障害の特徴、具体例

指差しをしない。

人や物を指をさして気づいてもらう、この指差しをしない特徴が、発達障害の子供にあります。
子供はおもちゃを取ってもらいたい時に指を差して、誰かが取ってあげると喜びます。また、虫が飛んでいるのを見た時にも、指を差して、周囲の人に知らせようとします。発達障害の子供はこういったことをしない特徴があります。

おもちゃを取ってほしい時に、母親の腕を引っ張っておもちゃのところまで連れて行こうとする。何かしてほしい時に、誰かをじーっと見つめる。これは、自分の気持ちを伝えるのが苦手な発達障害の特徴です。自分の気持ちを、指差しや言葉でうまく表現して伝えられないのです。コミュニケーション能力不足で、自分が思っていることを相手に伝えるのが苦手、指差しができないのが、発達障害の子の特徴です。

うちの子の場合は。
(広汎性発達障害、軽度知的障害児)

わたしの子供も指差しをしませんでした。意味不明な言葉を発したり、じーっと母親のわたしを見つめることが多かったです。発達障害児の特徴なんだと思いました。


幼児の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 幼児の発達障害の特徴