「 障害への支援、療育の種類 」 一覧

障害児への療育は、いろんな種類の方法があります。

発達障害、知的障害者を支援する方法、療育する方法を紹介します。障害を持つ子と上手に接するには、ちょっとしたコツがあります。障害児への療育現場では、いろんな療育方法を組み合わせて行われています。障害を持つ子は、人によって特徴が違います。その子にあった療育方法を行うことで、日常生活へ適応できやすくなります。




具体的な療育方法




障害への支援、療育の種類一覧

16090501.001

療育とは、何だろう?障害者と療育

療育とは、障害児を医療的に育成することです。障害児の成長や自立支援のための、医療、治療、育成、保育、教育が「療育」です。ひとりで悩まず、同じ悩みを持つ親同士が、相談することで、気持ちが楽になります。

16090502.001

発達障害・知的障害を持つ子への接し方、話し方

障害を持つ子と上手に接するには、ちょっとしたコツがあります。それと、障害を持つ子へ伝わる話し方が重要です。具体例で、発達障害、軽度知的障害者への支援、療育を紹介します。

16090503.001

TEACCH・ティーチ、療育の方法

TEACCH・ティーチの具体的な療育方法を紹介します。TEACCH・ティーチは、視覚的な効果を活用し、手順を区切って、発達障害児が理解しやすい環境を作る療育方法です。多くの療育現場で採用されている療育方法です。

16090504.001

ABA・応用行動分析、療育の方法

ABA・応用行動分析の具体的な方法。ABA・応用行動分析とは、その子の行動を観察して、いい行動を増やして、悪い行動を減らしていく療育方法です。

16090505.001

感覚統合療法、遊びや運動で脳に刺激を与える療育方法

感覚統合療法とは、感覚が偏った障害児に、遊びや運動で刺激を与え、いろんな感覚を正しく働かせることにより、日常生活に適応させる療育方法です。発達障害児は、この感覚統合がうまく行えません。

16090506.001

PECS・ペクス、視覚効果を活用する療育の方法

PECS・ペクスは、絵カードと実物を交換させる療育方法です。PECSの3つのポイントは、絵カードと実物と言葉。自閉症スペクトラムの障害児の療育に多く使われます。

16090507.001

発達障害の治療薬、効果や副作用は?

発達障害の治療薬の、効果と副作用。発達障害の症状によっては、薬の使用が効果的な場合もあります。信頼出来る、公的な療育施設で治療薬の相談をしましょう。