友達に乱暴する。幼児の発達障害の特徴

      2016/09/19

幼児の発達障害の特徴、具体例

友達に乱暴する。

お友達を叩く、突き飛ばす、すぐに乱暴をしてしまう。これも発達障害児の特徴の一つです。

3歳くらいまでの子は、気に入らないことがあると、お友達を叩いたりして、突き飛ばしたり、乱暴をして自分のしたいことをやろうとします。幼稚園くらいになると、そういったことは少なくなって、年齢とともに感情を押さえられるようになってきます。

発達障害の子は、幼稚園や保育園で集団生活を始めても、気に入らないことがあると、お友達を叩いたり、突き飛ばしたり、乱暴なことをしてしまう特徴があります。同じお友達に何度も乱暴する場合もあります。意地悪で、お友達を叩くのではなく、相手が嫌がることが理解できなのが原因です。コミュニケーション能力が不足しているため、自分の欲求のことしか、考えられないのです。本人に悪気はなくても、お友達から嫌われてしまいます。

うちの子の場合は。
(広汎性発達障害、軽度知的障害児)

うちの子の場合は、すぐに泣き出してしまい、乱暴する特徴はありません。感情を表現するのが苦手なのは、同じだと思います。


幼児の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 幼児の発達障害の特徴