幼稚園行事を嫌がる。幼児の発達障害の特徴

      2016/09/19

幼児の発達障害の特徴、具体例

幼稚園行事を嫌がる。

幼稚園の運動会やお遊戯会などの行事を嫌がって参加できない。これも発達障害児の特徴の一つです。

いつもと違う雰囲気になると不安になる。お遊戯会で普段と違う衣装を着るのを嫌がる。運動会で大きな音楽が流れるのを怖がる。保護者が大勢やってくると不安になる。着るものが違ったり、周りの音、普段と違う人がいる、いつもと違う様子を感じると不安になってしまう。そして幼稚園や保育園の行事を嫌がり参加できない。発達障害の子には、いつもと違う環境を嫌がる特徴があります。また、行事があると、喜びすぎ、はしゃぎすぎになってしまうタイプの発達障害の子もいます。この幼稚園や保育園の行事を嫌がる特徴は、いつもと違う状況の変化に対応できないのが原因です。

うちの子の場合は。
(広汎性発達障害、軽度知的障害児)

うちの子が幼稚園の頃は、それなりに行事は楽しめていましたが、大きな音は苦手で嫌がってました。幼稚園行事以外でも、大きな音は苦手です。


幼児の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 幼児の発達障害の特徴