抱きしめると嫌がる。幼児の発達障害の特徴

      2016/09/19

幼児の発達障害の特徴、具体例

抱きしめると嫌がる。

抱きしめると嫌がる、発達障害児の特徴の一つです。抱っこする、ハグする、ギュッと抱きしめる、発達障害の子は、こんなことを嫌がる特徴があります。

手をつなぐと嫌がるのと同じで、身体の神経が過敏で抱きしめるだけで、強い痛みを感じるのが、この特徴の原因です。抱きしめたり、抱っこしたり、ハグしたりすることは、親子の愛情表現なのですが、神経が過敏な特徴のある子だと、すごい圧迫感を感じてしまいます。耳かきを嫌がる、お風呂で体を擦るのを嫌がる、感覚過敏な子には、こんな特徴もあります。

発達障害で神経が過敏な特徴がある子でも、母親とふれあって抱きしめられることが嫌いなわけではありません。ただ神経が過敏で痛みや苦しさを感じてしまうだけです。

うちの子の場合は。
(広汎性発達障害、軽度知的障害児)

わたしの子供は、抱きしめることは嫌がりませんでした。それでも感覚過敏の特徴はあって、幼稚園の頃は耳かきをすると、いつも暴れるので大変でした。お風呂で体を擦っても嫌がります。神経の過敏さは普段の生活でも、困ってしまう特徴です。


幼児の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 幼児の発達障害の特徴