突然怒る、突然泣く。小学生の発達障害の特徴

   

小学生の発達障害の特徴、具体例

突然怒る、突然泣く。

突然怒りだす、突然泣きだす。これも発達障害児の特徴の一つです。

子供は感情がストレートです。突然怒ったり、泣いたり、どんな子でもしますが、発達障害の子は、小学生になっても突然怒ったり泣いたりして周囲の人を困らせる特徴があります。発達障害の子は、自分の気持ちをうまく相手に伝えられません。気持ちが表情にあらわれません。コミュニケーション能力が不足しているためです。本人は嫌な気持ちになったり、不安になったりしているけど、顔の表情にでません。

周囲の人にとっては、なんでもないことでも、発達障害の子は、神経が過敏のため痛かったり、不安なことがあります。本人は嫌な気持ちを抱えていて、それで怒りだしたり、泣きだしたりしているのです。周囲の人たちは、前触れがわからないので、突然怒る泣くように誤解されてしまいます。

うちの子の場合は。
(広汎性発達障害、軽度知的障害児)

うちの子も、小学校に入ってからも突然泣き出すことがありました。その度に、学校の先生やお友達は心配してくれてました。だんだん会話が上手になってくると、自分の気持ちを伝えることができるようになり、突然泣くことは少なくなってきました。うちの子は、泣くだけで、突然怒る特徴はありませんでした。


小学生の発達障害の特徴

発達障害・知的障害の特徴

 - 小学生の発達障害の特徴