「 幼児の発達障害の特徴 」 一覧

3歳〜6歳・幼児の発達障害の特徴

幼児期の発達障害・知的障害の特徴です。幼稚園や保育園の小学校入学前の子供の発達障害の特徴です。
この幼児期は、知的障害を伴う発達障害が発見されやすい年代です。知的障害がない発達障害の場合は、なかなか幼児期に気がつくことができません。
早期に発達障害を発見することは大切なことです。もしかしたら発達障害かも?と思ったら、子供の特徴をよく見て、様子を観察していきましょう。




幼児向け、小学校入学準備の映像教材

「リズムde入学準備」(無料配布)
障害がある幼稚園児、保育園児にとっては、小学校入学前の勉強って、とても心配です。小学校で必ず必要になる、「ひらがな」や「数字」「時計」の勉強は、小学校の入学前に必ずやっておきたいですよね。
そんな小学校入学前の幼児を対象にした映像教材を、療育手帳の情報のHPを運営している、まちこママさんが、無料で配布しています。まちこママさんには、私も子供の療育手帳の情報では、お世話になっています。
映像教材って高価なものが多いですが、無料なので気軽に試せますよ。ぜひ一度子供にやらせてみてください。

幼児の発達障害・知的障害の特徴一覧

y01-001

人と目をあわせない。幼児の発達障害の特徴

人と目をあわせない、お友達と目をあわせない、発達障害児の特徴の一つです。

y02-001

名前を呼んでも振り向かない。幼児の発達障害の特徴

名前を呼んでも振り返ることが少ないこと、これも発達障害児の特徴です。周囲の人に自分の気持ちや関心が向きにくいという、発達障害児の特徴です。

y03-001

言葉が遅い。幼児の発達障害の特徴

言葉が遅い、会話ができない、これは典型的な発達障害、知的障害児の特徴です。3歳になっても、単語しか話さず、会話ができない、あまり喋れない場合は、発達障害、知的障害が考えられます。

y04-001

指差しをしない。幼児の発達障害の特徴

人や物を指をさして気づいてもらう、この指差しをしない特徴が、発達障害の子供にあります。

y05-001

手をつながない。幼児の発達障害の特徴

手をつながない、手をつなぐのを嫌がる特徴が、発達障害児にはあります。神経が過敏で、手をつなぐだけで、強い痛みを感じてしまう子がいるのです。

y06-001

抱きしめると嫌がる。幼児の発達障害の特徴

抱きしめると嫌がる、発達障害児の特徴の一つです。抱っこする、ハグする、ギュッと抱きしめる、発達障害の子は、こんなことを嫌がる特徴があります。

y07-001

偏食、食べ物の好き嫌いが激しい。幼児の発達障害の特徴

食べ物の好き嫌いがとっても激しい、発達障害児の特徴の一つです。この特徴、何が好きで、何が嫌いかは、それぞれの子によって違いますが、とにかく偏食が激しいのが特徴です。

y08-001

迷子でも気にしない。幼児の発達障害の特徴

迷子になっても全然気にしない、母親がいなくても全然気にしない、発達障害児の特徴の一つです。

y09-001

お友達と遊ばない。幼児の発達障害の特徴

ひとりぼっちで、お友達と遊ばない、発達障害児の特徴の一つです。お友達と遊ばずに、いつも一人だなって感じたら、発達障害のサインです。

y10-001

お友達となじめない。幼児の発達障害の特徴

お友達と遊んでも、うまく馴染めない、発達障害児の特徴の一つです。相手のお友達が嫌がっても自分の好きな行動をしてしまう特徴があります。

y11-001

幼稚園行事を嫌がる。幼児の発達障害の特徴

幼稚園の運動会やお遊戯会などの行事を嫌がって参加できない。これも発達障害児の特徴の一つです。

y12-001

変化が嫌い。幼児の発達障害の特徴

変化が嫌いで、いつもと違うと不安になる。これも発達障害児の特徴の一つです。発達障害の子には、変化が嫌いで、普段と違うことを嫌がる特徴があります。

y13-001

いつまでもやめない。幼児の発達障害の特徴

自分がやっていることを、いつまでもやめない。中断するように言っても、途中でやめない。これも発達障害児の特徴の一つです。

y14-001

いつも同じことをする。幼児の発達障害の特徴

幼児の発達障害の特徴、具体例 いつも同じことをする。 意味のないことをいつも繰り ...

y15-001

眠らない。幼児の発達障害の特徴

眠らない、寝つきが悪い、眠ってもすぐに目が覚める。これも発達障害児の特徴の一つです。発達障害の子は幼稚園になっても、なかなか寝てくれない。こんな特徴があります。

y16-001

パニックになる。幼児の発達障害の特徴

突然暴れて、パニックになる。家や幼稚園どこでも急に泣き出してパニックになる。これも発達障害児の特徴の一つです。

y17-001

触れる感覚が過敏。幼児の発達障害の特徴

触れる感覚が過敏で、身につけること、触れられること、いろんなことを嫌がる。発達障害児の特徴の一つです。歯ブラシで歯を磨くこと。こんな日常のことが、感覚過敏でできない子がいます。

y18-001

順番が待てない。幼児の発達障害の特徴

お友達と並んでから順番に遊ぶことができない。順番が待てなくて、順番抜かしをする。これも発達障害児の特徴の一つです。

y19-001

集中できない。幼児の発達障害の特徴

すぐに他のことに気がそれて、集中できない。これも発達障害児の特徴の一つです。すぐに気が散って、集中できない特徴が発達障害の子にはあります。

y20-001

かんしゃくが強い。幼児の発達障害の特徴

欲求不満があると、強いかんしゃく。感情の起伏が激しく、ちょっと気に入らないと、激しいかんしゃく。発達障害児の特徴の一つです。

y21-001

友達に乱暴する。幼児の発達障害の特徴

お友達を叩く、突き飛ばす、すぐに乱暴をしてしまう。これも発達障害児の特徴の一つです。コミュニケーション能力が不足しているため、自分の欲求のことしか、考えられないのです。

y22-001

極端に不器用。幼児の発達障害の特徴

不器用で箸で食べるのが下手。道具をうまく使えず、極端に手先が不器用。発達障害児には、こんな特徴がある子がいます。

y23-001

運動が苦手。幼児の発達障害の特徴

運動神経が極端に悪くて、運動が苦手。発達障害児には、こんな特徴がある子がいます。両足同時にジャンプができない。足を交互に階段を降りれない。スキップができない。

y24-001

我慢ができない。幼児の発達障害の特徴

我慢ができない。直前に何回も注意されても、全く我慢ができない。発達障害児には、こんな特徴がある子がいます。