「 小学生の発達障害の特徴 」 一覧

stc.001

6歳〜12歳・小学生の発達障害の特徴

この小学生の時期は、注意欠如多動性障害ADHDや学習障害LDが発見されやすい年代です。小学校の集団生活では、発達障害を持つ子は困ってることが多いです。
早期に発達障害を発見して、問題を解決するため、子供の特徴をよく見て、様子を観察していきましょう。




改善事例、家庭や学校での、ちょっとした工夫。

発達障害の改善には、ささいな何気ない工夫で、効果がでる場合があります。
発達障害・知的障害を持つ子は、生活や学習でいろんな問題を抱えていますが、その問題を解決する具体例を紹介していきます。ここでは、知的障害のうち軽度知的障害の子を対象とした改善例になります。
うちの娘も発達障害・知的障害です。うちの子が小学校でやって効果がでた改善例も紹介します。
stc.002

小学生の発達障害・知的障害の特徴一覧

s14-001

数字や駅名を暗記、物や手順に強くこだわる。小学生の発達障害の特徴、具体的な改善例

ものの名前や数字など、自分の興味があることを、異常なほど記憶している。こだわりがあるものの記憶力がすごい。自分がやることの手順に強く執着する。手順にこだわり、何かの順番が変わることを嫌う。これも発達障害児の特徴の一つです。

16090402.001

授業中に静かに座れない。日直や当番の仕事ができない。小学生の発達障害の特徴、具体的な改善例

授業中に自分の席に静かに座れない。掃除や日直、当番などの、学校の仕事ができない。発達障害、知的障害を持つ子は、学校生活になじめない特徴があります。

s20-001

空気が読めない、人の気持ちがわからない。小学生の発達障害の特徴、具体的な改善例

空気が読めない。人の表情から気持ちを察することが苦手。天然キャラ。これも発達障害児の特徴の一つです。場違いで周りの迷惑になりますが、本人には悪気はありません。発達障害児には、お友達とうまくコミュニケーションができずに、困っている子がいます。

s01-001

会話の理解力がない。変なお喋りをする。小学生の発達障害の特徴、具体的な改善例

人の話していることを理解することができない。話の理解力がない。一方的に喋り続ける。発達障害児には、こんな特徴がある子がいます。

16090420.001

いじめられる。学校を休む。小学生の発達障害の特徴、具体的な改善例

発達障害、知的障害をもつ子は、いじめの対象となることが多いです。学校に行くのを嫌がる、学校行きたがらない。発達障害、知的障害を持つ子は、元気に学校に通っているように見えても、障害のため学校でいろんな困ったことが起きています。

s18-001

変化が嫌い、学校行事が苦手。小学生の発達障害の特徴、具体的な改善例

いつもと違うこと、変化を極端に嫌う。運動会やお楽しみ会、遠足などの学校行事に参加できない。これも発達障害児の特徴の一つです。

s33-001

すぐに泣く。突然泣きだす、怒りだす。小学生の発達障害の特徴、具体的な改善例

ちょっとしたことで、すぐに泣く。突然泣きだす、怒りだす。これも発達障害児の特徴の一つです。発達障害の子は、小学生になっても突然泣いたり、怒ったりして周囲の人を困らせる特徴があります。

s35-001

我慢ができない。遊びで負けると怒る、ルールが守れない。せっかちで、順番が待てない。小学生の発達障害の特徴、具体的な改善例

何度言われても、約束が守れない。全く我慢ができない。わがままで自分勝手。発達障害児には、こんな特徴がある子がいます。

s30-001

忘れ物が多い。なんでも忘れる。小学生の発達障害の特徴、具体的な改善例

なんでも忘れてしまう。忘れ物が多い。これも発達障害児の特徴の一つです。注意力が弱い、何かのことですぐに意識がそれてしまうことが、なんでも忘れてしまう特徴の原因です。

s09-001

整理整頓、片付けができない。小学生の発達障害の特徴、具体的な改善例

整理整頓ができなくて、なんでもぐちゃぐちゃ。これも発達障害児の特徴の一つです。この整理整頓ができない特徴があると、だらしがない子と周囲の人から思われてしまいます。

s06-001

算数ができない。小学生の発達障害の特徴、具体的な改善例

計算、長さや重さ、図形など、とにかく算数ができない。発達障害児には、こんな特徴がある子がいます。障害のため注意力、記憶力、推論する力が弱い、これが原因です。

s05-001

運動、体育、スポーツが苦手。小学生の発達障害の特徴、具体的な改善例

極端に運動音痴で、体育やスポーツが不得意、発達障害児には、こんな特徴がある子がいます。

s02-001

国語の音読ができない。小学生の発達障害の特徴、具体的な改善例

声を出して本を読む、国語の教科書の音読ができない。発達障害児の特徴のひとつです。

s08-001

極端に不器用。工作が苦手、絵が下手。小学生の発達障害の特徴、具体的な改善例

鉛筆や箸や道具をうまく使えず、極端に手先が不器用。手先が不器用で、工作や絵を描くのが苦手。発達障害児には、こんな特徴がある子がいます。

s32-001

かんしゃくが強い。パニックになる。小学生の発達障害の特徴、具体的な改善例

かんしゃくが強い、ちょっと気に入らないと、激しいかんしゃく。家や学校、外出先で、突然暴れて、泣き喚いてパニックになる。発達障害児の特徴の一つです。

s04-001

字が汚い。小学生の発達障害の特徴、具体的な改善例

字が汚い、発達障害児の特徴の一つです。とにかく字が汚いので、学校では困ってしまいます。

s34-001

暴力と暴言、友達に乱暴する。小学生の発達障害の特徴、具体的な改善例

お友達を叩いたり、突き飛ばしたり、すぐに乱暴をしてしまう。これも発達障害児の特徴の一つです。

s03-001

文章の理解力がない。小学生の発達障害の特徴

文章の理解力がない。文章を読んで内容を理解することができない。発達障害児の特徴のひとつです。

s07-001

偏食、食べ物の好き嫌いが激しい。小学生の発達障害の特徴

極端に偏食で、食べ物の好き嫌いがとっても激しいこと。発達障害児の特徴の一つです。

s11-001

お友達と遊ばない。小学生の発達障害の特徴

お友達と遊ばないで、いつも一人だけで遊んでいる、発達障害児の特徴の一つです。

s12-001

お友達となじめない。小学生の発達障害の特徴

お友達と遊ぼうとするけど、うまく馴染めない、発達障害児の特徴の一つです。相手のお友達が嫌がっても自分の好きな行動をしてしまう特徴があります。

s13-001

目が回らない。小学生の発達障害の特徴

発達障害児には、目が回らないっていう特徴がある子がいます。くるくる回っても全然目が回らないのです。この特徴は、医学的には前庭感覚が鈍感ということらしいです。

s16-001

複数のことが同時にできない。小学生の発達障害の特徴

複数のことが同時にできない。これも発達障害児の特徴の一つです。発達障害ではない人が当たり前のようにやっていること、それが障害のためできないのです。

s19-001

いつも同じことをする。小学生の発達障害の特徴

いつも同じことを、ずっと続けてする。これも発達障害児の特徴の一つです。これは常同行動という発達障害児の特徴で、発達障害の子は同じ行動を繰り返すことで、気持ちが落ち着いています。

s21-001

思ったことを何でも言う。小学生の発達障害の特徴

思ったことを何でも声に出して言ってしまう。これも発達障害児の特徴の一つです。

s22-001

突然怒る、突然泣く。小学生の発達障害の特徴

突然怒りだす、突然泣きだす。これも発達障害児の特徴の一つです。発達障害の子は、小学生になっても突然怒ったり泣いたりして周囲の人を困らせる特徴があります。

s23-001

時間の概念がない。小学生の発達障害の特徴

時間の概念が理解できていない。これも発達障害児の特徴の一つです。時間の概念は年齢とともに理解できていくものですが、発達障害児はこの時間の感覚が理解できない特徴があります。

s25-001

姿勢が悪い。小学生の発達障害の特徴

座っているとき、立っているときの姿勢が悪い。これも発達障害児の特徴の一つです。

s26-001

触れる感覚が過敏。小学生の発達障害の特徴

触れる感覚が過敏で、身につけること、触れられること、いろんなことを嫌がる。発達障害児の特徴の一つです。

s31-001

集中できない。小学生の発達障害の特徴

集中できずに、興味が他のことへ移ってしまう。集中力がない。これも発達障害児の特徴の一つです。